動画制作は古賀マガジンにお任せください→ CLICK!

古賀市にkogaballroom(コガボールルーム)がオープン!まちの新たな社交場に

こんにちは、古賀マガジンです。

みなさんは古賀駅西口エリアに新しくオープンしたシェアスタジオ「kogaballroom」をご存知でしょうか?

「kogaballroom」ってなに…?という方多いと思いますので、施設ができた経緯やロゴデザインについてまで、いろいろと写真多めでお伝えしていきます。

今回は、kogaballroomの仕掛け人である株式会社ホーホゥの橋口さんにお話を聞いてきました。簡単に読める内容にまとめていますので、ぜひご覧ください。

目次

kogaballroom(コガボールルーム)とは

古賀市 ボールルーム

kogaballroomとは、JR古賀駅西口エリア活性化プロジェクトの第一弾として「ダンス教室 k-winds」をリノベーションして誕生したまちの新たな社交の場です。「つながる」「魅せる」をキーワードとした施設で、ダンスやヨガのレッスン、ワークショップや教室会場として利用可能です。

リノベーション工事は市民のみなさんも参加できるようになっていたので、壁の塗装などされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

kogaballroomの内観

古賀市 ballroom

こちらが45㎡あるスタジオスペースです。鏡の幅は5.4mもあります。

古賀市 ボールルーム
古賀市 ボールルーム

照明や音響を利用者のニーズに合わせ、フレキシブルに空間をつくることができます。

古賀市 ボールルーム

5.6㎡の更衣室も用意されていました。

kogaballroomロゴデザイン

古賀市 ボールルーム

施設名称は「koga ballroom(コガ ボールルーム)」です。

社交ダンスは「ballroom dance」と表現され、ballroomという単語には「社交場、舞踏場」といった意味が含まれています。

株式会社ホーホゥの橋口さんいわく、ballroomという言葉が持つ本質的な意味である「交流を楽しむ空間」に着目したそうです。

橋口さん

この施設が古賀市にとっての新たな「社交の場」として愛されることを願い、このネーミングを考案しました。歴史をバトンタッチする想いも施設名称に込めています。

古賀市 ボールルーム

ロゴデザインは、古賀駅西口エリアの活性化のスタートボタンを押したいという願いを込めて「再生ボタン」のマークをかたどったロゴデザインとしているようです。

しかも、実は「再生ボタン」以外にもこのマークには意味が込められており、社交ダンスで踊りを楽しんでいるペアを、上からみた形にもなっています。

マークの形状をルールに、ballroomの文字もデザイン。ボールのようにそれぞれの円が回転し、踊る様子を表現。

カラーは「冷静と情熱」「血液」などで使用されるブルーとピンクの掛け合わせです。三次色の紫を入れ、ボーダレスな場所である事も表現されています。

ballroomのアクセス

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

福岡県古賀市が地元。7年間の東京生活に終止符を打ち、Uターン移住で古賀に戻ってきました!これからしこふむ地域(新宮町・古賀市・福津市・宗像市)のメディアをつくっていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる