古賀市のフランス菓子店オーベルニュさん!地域の方々に愛されてきた秘訣とは?

オーベルニュ 古賀

こんにちは、古賀マガジンです。

古賀市の有名なフランス菓子店をご存知でしょうか。

1991年10月に古賀市舞の里にオープンした、フランス菓子店オーベルニュさん。

オーナーシェフの鷲埼さんに、長年地域の方々に愛されてきた秘訣を聞いてきました。

目次

オーベルニュとは

オーベルニュは、1991年10月に古賀市舞の里にオープンしたフランス菓子店です。

外観

オーベルニュ 古賀

住宅街におしゃれな建物が現れます。

オーベルニュ 古賀

お店の前に駐車場があるので、車で行くことができます。

オーベルニュのフランス菓子

古賀 オーベルニュ
オーベルニュ 古賀

オーベルニュは開店と同時にすべてのお菓子が店頭に並べられます。

今回の取材は平日の11時に伺いました。

この時点でもうすでに結構売れていて、すき間が出てきていますね。

オーベルニュ 古賀
オーベルニュ 古賀
オーベルニュ 古賀

生菓子約40種類、焼き菓子約30種類が常時店頭にそろっています。

オーベルニュ 古賀
オーベルニュ 古賀

フランス菓子の特徴である「少し大ぶり」なケーキが毎日つくられており、味や食感などお菓子それぞれの「表情」を楽しんでいただけるように、素材や製法にこだわり一つ一つ丁寧につくりあげているそうです。

オーベルニュ 古賀
オーベルニュ 古賀
オーベルニュ 古賀

チョコレートや小麦粉、たまごなどケーキやお菓子の素材にもこだわっています。

なかでもたまごは、青柳たまごさんから、いちごは農協で朝摘みいちごを毎日仕入れており、地域とのつながりも長く続いています。

また、オープン当初からずっとこだわってきたのが「鮮度」で、「開店時にすべてのケーキを揃えてお客さまを待つスタイル」を一貫して続けてきました。

オーベルニュ 古賀

生菓子・焼き菓子すべての鮮度を管理し、特に焼き菓子には一つ一つに賞味期限を設定してお客さまにも伝えているそうです。

オーベルニュ定番のお菓子

オーベルニュ 古賀

これはボストックというフランスの伝統的な菓子パンで、ブリオッシュを「焼いた翌日も美味しく食べられるように」とつくったのが始まりだそう。

ブリオッシュをひらたく潰して、ラム酒が香るシロップに漬け込んでから再度焼き上たあと、アーモンドクリームをたっぷり塗ってアーモンドスライスがトッピングされています。

どこか懐かしく、やさしい甘さでとても美味しいです。

オーベルニュへのアクセス

\動画制作は古賀マガジンを運営するネスピアに!クリックしてYouTube動画制作の詳細をご確認ください/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福岡県古賀市が地元。7年間の東京生活を終えて、Uターン移住で古賀に戻ってきました!これから、古賀市を中心としたしこふむ地域(新宮町・古賀市・福津市・宗像市)のローカルメディアをつくっていきます。

コメント

コメントする

目次